プラザ薬局 開業支援

最上の利便性と安心を提供する理想の地域医療

コンセプト

求められる地域に必要とされる医療拠点を

プラザ薬局は関東圏と関西圏に医療モールを展開しています。

独自の情報分析とマーケティング力で需要を的確に把握し、「医」「薬」「暮らし」が地域の生活に結びついた『地域医療モデル』を資金計画から開設準備、開院までトータルサポートしています。

集患に成功するための 大切な5つの視点

  • POINT01視認性

    まずクリニックの建物自体を視認できるかどうかは大事なポイントになります。来院される患者様の約半分は建物を見てクリニックを認知することが当社の調査でわかっています。

  • POINT02生活動線

    開業立地は、人が日常的に往来している流れの中にあることが非常に望ましいといえます。地元の方が利用する生活道路沿いなど、「住民の生活動線上に立地しているか」についても現地に足を運び調査を行います。

  • POINT03競合

    競合の科目についてですが、単純なひとつの科というくくりの中でも専門性の違いによっては競合しません。これはコンピューターソフトによる診療圏調査ではわからないことです。

  • POINT04人口

    クリニックの診療圏は半径1キロメートルと言われております。その圏内の世帯数・人口・年齢層を調査することは地域のニーズを知る上でとても大切なことです。

  • POINT05病院との連携

    大手病院との医療機能の分担と専門化を進め、医療機関同士が円滑な連携を図り、その機能を有効活用することにより、患者様が適切な医療を受けられるようにすることも地域密着のクリニックの役目だと考えます。

データから見るクリニックの利用実態

  • 視認性の重要性

    クリニックの認知経路に関するアンケート

    クリニックの認知経路に関するアンケート結果

    家族・知人からの紹介による認知は立地による差はほとんどありません。紹介はどの場所でも一定数得られます。しかし、視認性による認知を上乗せすることによって集患に大きな差が生まれます。

  • 生活動線の重要性

    来院のための交通手段

    来院のための交通手段の割合

    クリニックへの来院手段を調査すると自転車や徒歩が多くを占め、次いで自家用車が多く、電車での通院は3%にとどまります(駅から離れると自家用車での通院が増えます)。

プラザ薬局の募集中物件

募集物件一覧はこちら

CONTACT

お気軽にお問い合わせください。

開業物件に関する
ご相談や資料請求はこちら

求められる地域に必要とされる医療拠点を

プラザ薬局のクリニックモールのポイント

  • 「便利・健康・安心」が集まる地域の拠点づくり

    プラザ薬局ではクリニックモール開発予定地に実際に足を運び、単純な診療圏調査ではわからない実際に利用されるであろう患者様の交通手段や生活動線を意識したクリニックモール開発をしております。

  • 患者様の不満を解消

    集患だけに力を入れるのではなく、実際に来院された患者様の不満解消にも努めています。例えば、患者様の不満の中で最も多い「待ち時間の長さ」。プラザ薬局では集合待合室に誰でも楽しめる水槽やジオラマを設置したり、「医と食のコラボ」と題しクリニックモール内のスーパーやカフェに受付番号のモニターを設置するなど、患者様が時間を有効活用できる通院しやすいクリニックモールづくりを心掛けています。

ファイナンスからマーケティングまで包括サポート

単純な診療圏調査だけではないプラザ薬局独自の開業スキーム

プラザ薬局は専門企業と連携しながら、開業のための資金計画、内装、スタッフ採用、 集患までサポートし、健全な医院経営を目指します。

開設までの流れ(開業場所が決まってから)

開設までの流れ

プラザ薬局の募集中物件

募集物件一覧はこちら

CONTACT

お気軽にお問い合わせください。

開業物件に関する
ご相談や資料請求はこちら

実績マップ

開業実績を見る

CONTACT

お気軽にお問い合わせください。

開業物件に関する
ご相談や資料請求はこちら

物件に関する
お問い合わせはこちら

お問い合わせ

ドクター・開業支援担当の方
専用ダイヤル

050-1809-3025