医院開業のコンセプト

医院開業のコンセプト

大切な5つの視点

1視認性
まずクリニックの建物自体を視認できるかどうかは大事なポイントになります。来院される患者様の約半分は建物を見てクリニックを認知することが当社の調査でわかっています。
2生活動線
クリニックの開業立地は、人が日常的に往来している流れの中にあることが非常に望ましいといえます。地元の方が利用する生活道路沿いなど、「住民の生活動線上に立地しているか」についても現地に足を運び調査を行います。
3競合
競合の科目についてですが、単純なひとつの科というくくりの中でも専門性の違いによっては競合しません。これはコンピューターソフトによる診療圏調査ではわからないことです。
4人口
クリニックの診療圏は半径1キロメートルと言われております。その圏内の世帯数・人口・年齢層を調査することは地域のニーズを知る上でとても大切なことです。
5病院との連携
大手病院との医療機能の分担と専門化を進め、医療機関同士が円滑な連携を図り、その機能を有効活用することにより、患者様が適切な医療を受けられるようにすることも地域密着のクリニックの役目だと考えます。

生活動線の重要性

01来院のための交通手段
大阪東部のある地域では駅前にも関わらず徒歩や自転車、自家用車の来院が目立っています。医院開業には単純なアクセスや立地条件だけではなく、実際の患者様を想定し近隣住民の主な交通手段を調べることが重要です。
02クリニック認知のキッカケ
様々な地域で認知度の高いクリニックをどうやって知ったかを街頭アンケートを行った結果、クリニックを知るキッカケは実際にその建物を見るという回答が圧倒的に多くありました。

クリニック選択における
重要ポイント

01クリニック選択の重視点
【年代で見るクリニック選択の重視する点】若い世代は設備を重視し、60歳以上はドクターの人柄や雰囲気を重視する傾向にある。共通して重要視されているのは自宅やスーパーに近いというところ。これは今後の通院していくにあたり身体的、心理的に通いやすいことを重視していると推測できます。
交通手段とスーパーなどへの生活動線の組み合わせが集患に成功するクリニックの秘訣です。
Q. どういう基準で通院するクリニックを選んでいますか?
通院するクリニックの選択について、検討プロセスと重視点を以下の選択肢の中から投票して下さい。
A.30~60歳の患者様による「病院の選択重視点」
A.60~70歳の患者様による「病院の選択重視点」

プラザ薬局の
クリニックモールのポイント

01「利便・健康・安心」が集まる地域の拠点づくり
プラザ薬局ではクリニックモール開発予定地に実際に足を運び、単純な診療圏調査ではわからない実際に利用されるであろう患者様の交通手段や生活動線を意識したクリニックモール開発をしております。
02患者様の不満を解消
集患だけに力を入れるのではなく、実際に来院された患者様の不満解消にも努めています。例えば、患者様の不満の中で最も多かったのか「待ち時間の長さ」でした。プラザ薬局では集合待合室に誰でも楽しめる水槽やジオラマを設置したり、「医と食のコラボ」と題しクリニックモール内のスーパーやカフェに受付番号のモニターを設置するなど、患者様が時間を有効活用できる通院しやすいクリニックモールづくりを心掛けています。
データ1 病院・クリニックに対する不満
データ2 患者様がクリニックモールに求めるもの