大切な5つの視点

1視認性

まずクリニックの建物自体を視認できるかどうかは大事なポイントになります。来院される患者様の約半分は建物を見てクリニックを認知することが当社の調査でわかっています。

2生活動線

クリニックの開業立地は、人が日常的に往来している流れの中にあることが非常に望ましいといえます。地元の方が利用する生活道路沿いなど、「住民の生活動線上に立地しているか」についても現地に足を運び調査を行います。

3競合

競合の科目についてですが、単純なひとつの科というくくりの中でも専門性の違いによっては競合しません。これはコンピューターソフトによる診療圏調査ではわからないことです。

4人口

クリニックの診療圏は半径1キロメートルと言われております。その圏内の世帯数・人口・年齢層を調査することは地域のニーズを知る上でとても大切なことです。

5病院との連携

大手病院との医療機能の分担と専門化を進め、医療機関同士が円滑な連携を図り、その機能を有効活用することにより、患者様が適切な医療を受けられるようにすることも地域密着のクリニックの役目だと考えます。